最適な税理士の選び方

いざ税理士を見つけようと思ってもどこで探せばよいのか迷う事も多いのが現状です。手数料はいくらかかるのかも気になります。インターネットが普及していることで、ネットでも税理士情報を得る事ができます。まずは国税庁のホームページを開いてみるのもいいですし、関連団体の名前も出てくるので参考にしてもいいでしょう。具体的に税理士が日ごろどのような業務をこなしているのか、社会的な役割についてなど税理士の仕事に関する詳細を知る事ができます。

税理士を見つけたい時も手軽に検索できますから、近くの税理士をすぐに見つける事ができます。故郷で発生した相続問題であっても、まずは自分がいつでも相談できる時に時間を取ってもらえる事が大事ですから、なるべく居住地に近い場所で見つける方が良いのです。故郷で発生した問題だから地元に密着した人でなければと考える必要はありません。

それでは交通費やら雑費の負担がかかってしまい、とても高い相談になってしまいますし気軽に相談するわけにはいきません。一般的には、税理士は他の専門家に比べると比較的敷居が低くて手軽に相談できるところが多くなっています。これを機に税理士についての関心を持ち、予備知識を身に付けておくのもオススメです。


関連記事

税理士を撰ぶ利点

遺産相続問題が発生した時に税理士が推奨される理由は様々なものがあります。一定以上の資産を持っている時に生じやすい問題として起きてくる代表的な問題は相続税の問題です。国税庁で定められている相続税とは3000万円に600万円の遺産相続人数分の総額を加算した総額、すなわち基礎控除額を超えると発生する税金です。相続する人数が多ければ多いほど基礎控除額は上がっていく事になります。

葬式したがって資産が3000万円もなければ相続税はかかってきません。被相続人の死亡が発覚した日から10カ月以内に申告および納税する義務があり、そうした事もきちんと把握していないと想定外のところで、トラブルを招く原因になるので要注意です。税理士はこうした法律上の相続相談に乗ってくれるのはもちろん、納税に関わるあらゆる問題にも対応してくれます。節税対策や納税後のアフターフォローなど相続税に関する不安に細やかに対応してくれるので、とても頼りになる存在なのです。

相続税は、仮に海外に在住していても国内にある財産に限りしっかり納税義務が発生しますから、遠方の故郷で発生した相続相談であろうとも柔軟に対応してもらうことが可能です。相談手数料も、弁護士や司法書士など他の専門家よりも比較的緩やかですから、同じ相談するにも気軽さがあります。


関連記事

故郷の相続相談

遠く離れた故郷からの親族の不幸の知らせは突然届くものです。その上に、遺産相続問題まで持ち上がったら何をどう対応したら良いのか、誰にどこまで相談したら良いのか途方に暮れてしまうでしょう。長く音信不通の状態になっていればなおさらですが、親がどれくらいの資産を持っているのかということは実の子供でもそうそう把握していません。その場合は、資産を調べることからスタートすることになります。

相続と言ってもよほどの資産家でない限り税金の問題はほとんどありません。口頭で遺品を受け継ぐ程度ですみますが、何千万円もの土地やお金を持っているとなると、様々な手続きが必要になってきます。税金はもちろん相続相談の費用もかなりかかってきます。もめごとが起きれば裁判手続きも発生してくるでしょう。

そう考えると、むしろ遺産などなかった方が気が楽と思ってしまいます。相続者が自ら事業をしている場合などであれば弁護士と縁があることもありますが、実は弁護士にできるサポートの範囲は思ったほど広くないのです。そうなると必要に応じて新たに法律に詳しい専門家に依頼する事になります。

はてな最初の資産の実態調査は一応どの専門家でもやってもらえます。しかしそれ以降は役割がそれぞれ分かれますから、その都度相談窓口を変える事にもなりかねません。それだけでも余計なエネルギー消費となる事が予想されます。めんどうだから遺産放棄でいいとなっても、その場合でも手続きが必要になります。ではいったい誰に相談するのが一番いいのでしょうか。

そのような状況下で意外と頼りになるのが税理士なのです。メインの業務は税金申告関連なのですが、遠方で相続相談が発生した時にこそ税理士は頼りになる存在です。


関連記事