故郷の相続相談

遠く離れた故郷からの親族の不幸の知らせは突然届くものです。その上に、遺産相続問題まで持ち上がったら何をどう対応したら良いのか、誰にどこまで相談したら良いのか途方に暮れてしまうでしょう。長く音信不通の状態になっていればなおさらですが、親がどれくらいの資産を持っているのかということは実の子供でもそうそう把握していません。その場合は、資産を調べることからスタートすることになります。

相続と言ってもよほどの資産家でない限り税金の問題はほとんどありません。口頭で遺品を受け継ぐ程度ですみますが、何千万円もの土地やお金を持っているとなると、様々な手続きが必要になってきます。税金はもちろん相続相談の費用もかなりかかってきます。もめごとが起きれば裁判手続きも発生してくるでしょう。

そう考えると、むしろ遺産などなかった方が気が楽と思ってしまいます。相続者が自ら事業をしている場合などであれば弁護士と縁があることもありますが、実は弁護士にできるサポートの範囲は思ったほど広くないのです。そうなると必要に応じて新たに法律に詳しい専門家に依頼する事になります。

はてな最初の資産の実態調査は一応どの専門家でもやってもらえます。しかしそれ以降は役割がそれぞれ分かれますから、その都度相談窓口を変える事にもなりかねません。それだけでも余計なエネルギー消費となる事が予想されます。めんどうだから遺産放棄でいいとなっても、その場合でも手続きが必要になります。ではいったい誰に相談するのが一番いいのでしょうか。

そのような状況下で意外と頼りになるのが税理士なのです。メインの業務は税金申告関連なのですが、遠方で相続相談が発生した時にこそ税理士は頼りになる存在です。


関連記事