税理士を撰ぶ利点

遺産相続問題が発生した時に税理士が推奨される理由は様々なものがあります。一定以上の資産を持っている時に生じやすい問題として起きてくる代表的な問題は相続税の問題です。国税庁で定められている相続税とは3000万円に600万円の遺産相続人数分の総額を加算した総額、すなわち基礎控除額を超えると発生する税金です。相続する人数が多ければ多いほど基礎控除額は上がっていく事になります。

葬式したがって資産が3000万円もなければ相続税はかかってきません。被相続人の死亡が発覚した日から10カ月以内に申告および納税する義務があり、そうした事もきちんと把握していないと想定外のところで、トラブルを招く原因になるので要注意です。税理士はこうした法律上の相続相談に乗ってくれるのはもちろん、納税に関わるあらゆる問題にも対応してくれます。節税対策や納税後のアフターフォローなど相続税に関する不安に細やかに対応してくれるので、とても頼りになる存在なのです。

相続税は、仮に海外に在住していても国内にある財産に限りしっかり納税義務が発生しますから、遠方の故郷で発生した相続相談であろうとも柔軟に対応してもらうことが可能です。相談手数料も、弁護士や司法書士など他の専門家よりも比較的緩やかですから、同じ相談するにも気軽さがあります。


関連記事